独立を考えている人には、「”サラリーマン”という役割に守られている」ことを知ってほしい

ビジネス

サラリーマンだから得られるメリット

副業解禁やコロナ禍でのステイホームやテレワークを通じて、個人が独力で稼ぐ方法がどこそこで会話されているのを良く耳にするようになった。ポイ活やアフィリエイト、せどりなどが最たるものだと思う。技術のある人は、ランサーズなどの副業、あるいはフリーランスを支援するプラットフォームができ始めている。

会社に縛られていることに不自由さを感じ、自分で稼げるのであれば独立しようと考える人も少なくないのではないだろうか。この流れは、国や経済界にとっては非常に良い流れだと思う。令和時代は、終身雇用が当たり前ではなくなっている。大企業の大規模リストラなどがニュースでよく騒がれていたのを見たことがある人も少なくないと思う。そんな中で、個人で稼げる人々が増えることで、個人の活躍が見えてくるようになり、国や企業にポジティブな刺激を与えるようになっていくと思う。

ただ、「独立すること」「個人で働くこと」を決意する前に、「企業に縛られている」という状況が与えてくれているメリットのことも考えてみてほしい。

就業時間の中で、与えられた仕事をこなす。文句や不満があれば、会社や労基に訴えればいい。失態を犯せば、叱ってくれる上司や先輩がいる。実は、縛られているようで、守られている、ということを認識してほしい。

私自身、現在独立に近い状況にいる。上司はいるが、あくまで雇い主であり、業務に対しての口出しや相談には基本乗ってくれない。同じ目線で相談をする相手もおらず、職場には雇っている部下やアルバイトがいるが、彼らは私からの指示を待ち、与えられた仕事をこなし、文句や不満は遠慮せずにぶつけてくる。

サラリーマンに戻りたい。と、何度考えたことかわからない。与えられた仕事をこなすだけで、給料がもらえる。最悪、仕事をしないでサボっていたとしても、給料はもらえる。歯車でいられることで、得られる精神的な安定や、時間というのはかけがえのないものだなと感じる。

サラリーマンだから正気を保てている。と、思う。

職場では上司や部下がいて、その中で立ち回るためのキャラクターを演じている。家に帰れば、また違う役割を演じる。どちらが本当の自分なのかがわからなくなることもあるが、だからこそ「正気を保てている」と思う。

どちらかの役割でストレスを感じれば、どちらかの役割で発散することができる。2つの顔を持つ生活だからこそ、得られているメリットだと思う。そして、どちらも環境が与えてくれる役割をこなすことが、一種の安定につながっている。

独立することで、その境目が非常に曖昧なものになっていく。家でも職場でも仕事のことを考えなければならないし、生活のことを考えなければならない。サラリーマンであることが、自身の人間性を支えるものになっている。

独立するなら、サラリーマンの間に独立したつもりになれ

私は、半独立をしてから、仕事に対するモチベーションの浮き沈みが激しくなった。誰にも何も言われないから、やることがなくて、やる気がないときは、昼からサウナに入り浸っていたり、漫画を読んでいたりと、ふざけた生活をしていた。飲食店のマネジメントもしているから、毎日現場に行くことは欠かさなかったが、それがなければ引きこもっていたと思う。

私の周りにも、独立したはいいが、すぐに会社員に戻る人が多数いる。彼らは、私と同様の経験をし、会社に守られていたことを理解して、その環境に戻りたくなったのだと思う。先述したが、何度もサラリーマンに戻りたいと思った経験がある。

どんな形であれ、独立して成功したいのであれば、強い意志が必要になると思う。何としてでもやり遂げるビジョンやミッションが必要だ。サラリーマンの間に、独立したつもりになって、副業として活動してみるのはいかがだろうか。半年続けてみて、継続ができており、独立したほうが享受できるメリットが多いと考えるならば、独立をした方がいいだろう。

加えて、ビジョンやミッションは臨機応変に変えていくことをお勧めする。独立して始めた活動が上手くいかなかったときに、挫折するか、方向転換して新たに挑戦を続けるのか、というはビジョンやミッションに左右される部分が大きい。

私がビジョンやミッションの重要性を考えさせられたのは、「ビジョナリー・カンパニー」という本を読んでから。ビジネス本の古典として、ビジネスマンであれば一度は聞いたことがあるタイトルだと思う。もしよければ、読んでみてほしい。様々な企業を例として、わかりやすく描かれていると思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました