【LiSA】デビューから追っていたファンが推したい LiSA 厳選10曲

エンタメ

こんにちは。自称LiSA古参ファンのじまです。職場の上司もいるカラオケでROCK-modeを歌うくらいにはLiSAオタクです。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのLiSA。紅白歌合戦への2度目の出演も決まり、お茶の間からの人気・認知もかなり高くなったのではないか。少し前まではアニメ、アニソンファンなど「知る人ぞ知る」歌手であったが、今はもう日本を代表する女性歌手の一人と言っても過言ではない。アニメ「鬼滅の刃」のOPテーマ「紅蓮華」の大ヒットで多くの新規ファンが増えたことと思うが、そういう方たちにぜひ聴いてもらいたいLiSAの名曲を厳選した。もっとLiSAの曲を聞いてみたいと思う人たちの手助けになれたらと思う。順位は特別設けないので、ぜひぜひすべての楽曲を聴いてみてほしい。

1 . oath sign

LiSA 『oath sign』-MUSIC CLIP Short Ver.-

1stシングル表題曲にしてTVアニメ『Fate/Zero』のOPテーマ。アニメ「Angel Beats!」の劇中に登場するバンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカルとしてアニメファン層には認知が高まっていた矢先のソロデビュー&話題アニメへの主題歌提供として、一部では大きく盛り上がったことを覚えている。“oath sign”は、流麗でありながらも、目まぐるしくも感じられるストリングスの音色が印象的なアッパーチューン。LiSAの楽曲ほとんどで言えることだが、耳に残るサビのフレーズとメロディーは、この楽曲は特に力強く、LiSAの良さが余すことなく生かされていると思う。

当時はまだ音楽サブスクが出ておらず、CDを購入したことを覚えている…(どこいったっけ…)

2 . crossing field

LiSA 『crossing field』-MUSIC CLIP Short Ver.-

TVアニメ『ソードアート・オンライン』のOPテーマ。この曲を契機にLiSAは『SAO』関連の曲を多数歌っているため、「LiSAといえば『SAO』」というイメージを抱いている人も多いと思う。まだそこまで知名度もない状況のLiSAは、SAOと共に成長し、世の中に浸透していった。そのスタートダッシュはこの曲のヒットが生み出したといっても過言ではない。歌詞は『SAO』の世界観に強く影響をうけ、そしてLiSA自身にも投影しながら書かれたものだと思う。SAOは海外での映像化も決まっていることからもわかるように、海外からの人気も高い曲で、英語ver.もあるので、ぜひ聞いてみてほしい。

また、LiSAの今までの歩みを知りたいと思う方は、ぜひソードアートオンラインも視聴してほしい。Fateもそうだが、SAOこそがLiSAと共に成長したと私は強く感じている。

3 . Believe in myself

日本搖滾精靈LiSA演唱Believe in myself 2016台北演唱會 LiVE is Smile Always~Hi FiVE~Taipei2016

LiSA自身が作詞作曲を行っている楽曲。LiSAの他のパワフルな楽曲とは違い、力強さはあれど、自分の内面にむかって言い聞かせるような、自分を鼓舞するような楽曲な印象がある。特に好きなフレーズは「いつか この曲聴いた 誰かが/今を 愛せたらいい」といった部分。LiSA自身のデビュー作に収録されていることからも、自分の曲が誰かを応援できる何かになりたいといった想いが伝わってくる。加えて、その後にリリースされたベスト盤には”Believe in ourselvs”というアンサーソングが収録されている。ぜひ、こちらも視聴してみてほしい。

4 . ROCK-mode

正直、LiSAの楽曲の中で、最も好きなのはこの”ROCK-mode”。ライブでは、この楽曲で最高潮に達するくらいに激しく、ファンからの信頼も厚い。特に私の印象に残っているのが、ROCK in JAPAN FES2015。LiSAが初めてロッキンに出演した時だ。その当時のアップテンポの人気タイアップ楽曲は「Rising Hope」や「crossing field」。しかし、ロッキンはアニメファンが集まる場ではないため、代表曲を歌っても盛り上がるかはわからない。そんな中で、ひと際会場を盛り上げたのがこの”ROCK-mode”だった。LiSAを知らないロックファンもパワフルなパフォーマンスとバックバンドや観客と一体になる間奏パートが最高に盛り上がった。声がかれるくらいに「たりら」と叫んだ記憶がある。LiSAのライブでは必ずセトリに入ってくる楽曲でもあるから、必ず抑えてほしい。

「キック、スネア、ハイハットからのベースのリズム ride on! ride on!/ギター、ピアノ、最後にアタシが 心を乱れ撃ち」という歌詞に合わせてバンドの演奏が激化する間奏パートはぜひライブバージョンを視聴してほしい。生で聴くと鳥肌が立つくらいに、気持ちがいい。

5 . Catch the Moment

LiSA 『Catch the Moment』-Music Clip RADIO EDIT ver.-

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の主題歌。”crossing field”から連なるSAOとの伴走において、一つの区切りとなる楽曲であったと思う。LiSAらしい力強いバンドサウンドが特徴的だが、ピアノのクリアな音色が響いたり、聴く人を虜にするイントロのピアノ&ギターソロなど、余すことなくLiSAらしさがあふれている。

LiSA – Catch the Moment / THE FIRST TAKE

映画を見たことのある人であれば、通じるかもしれないが、この楽曲は主題歌でよかったのだが、劇中歌として使われてもよかったのではないか。そのくらいに世界観や映画のストーリー、演出にもマッチしていた。とは言いつつも、エンドテロップが流れ始める際のイントロも、恐ろしく良かった。それほどに素晴らしい楽曲と映像であったと思う。

6 . ADAMAS

LiSA 『ADAMAS』-MUSiC CLiP YouTube EDIT ver.-

TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」オープニングテーマ。この楽曲でSAO関連への楽曲提供が6曲目になる。しかし、最後の劇場版SAOへの提供から、1年8か月も時間が経っていることと、テレビシリーズのSAOも、「映像化されないだろう…」と言われていた新章に突入したこともあり、一区切りついた劇場版までの楽曲とは違った側面を強くだした印象がある。

特に、Dメロにおける英詞のラップなど、“ADAMAS”にはこれまでのLiSAの曲にはなかった要素がたくさん詰まっている。圧倒的な情報量とスピード感で進んでいく様は、今までのLiSAらしさも存分に発揮している。そして、観衆との掛け合いも豊富に持っている点から、ライブでも必ず盛り上がる楽曲に仕上がっている。

7 . 炎

LiSA 『炎』 -MUSiC CLiP-

LiSAとアニメのタイアップの魅力は、楽曲とアニメ作品とのストーリーや世界観が奇妙なほどにマッチし、ユーザーの作品への共感や浸透において相乗効果生み出す点にある。この「炎」は、その魅力が恐ろしい程に出ている。楽曲単体で聞いても素晴らしいが、映画「鬼滅の刃 無限列車編」を視聴してから聴くと、映画を追体験するような気持ちにさせてくれる。

LiSA – 炎 / THE FIRST TAKE

LiSA自身が、楽曲や作品込める想いが強く、歌いながらその情景を浮かべている様がFirst Takeからは見て取れる。正直、そこまで鬼滅の刃にハマっているわけではないが、LiSAの楽曲が世の中に広まるきっかけとして鬼滅の刃が流行ってくれたことに感謝したい。

8 . シルシ

LiSA 『シルシ -MUSIC CLIP short ver.-』

2度目の日本武道館ワンマンを翌月に控えた、2014年12月にリリースされたLiSA初のバラードシングル曲。「じっと見つめた キミの瞳に映ったボクが生きたシルシ」というフレーズがサビの入りにある。これはLiSAにとってのファンが”キミ”であることを印象付ける。ライブで聴くとより、その印象が深まる。この楽曲はTVアニメ「ソードアートオンラインⅡ マザーズロザリオ編」のエンディングテーマでもあるのだが、これまでに紹介した楽曲とは違い、SAOではなくLiSAならではの世界観が描かれているように感じる。

この頃には既にアニソンシーンで確かな存在感を示していたLiSAだが、この辺りの時期からCOUNTDOWN JAPAN、ROCK IN JAPAN FESTIVALといったフェスにも積極的に出演を続けるようになる。それは、アニメの世界観ではなく、自身の描く世界観が確固たるものになりつつあるという決意の表れだったのではないかと、今なら感じることができる。

9 . Rising Hope

LiSA 『Rising Hope -MUSIC CLIP short ver.-』

LiSAの5thシングルであり、アニメ「魔法科高校の劣等生」のOP曲。実はアニメを見るまでタイアップ情報などを知らず、OPが始まった瞬間に、「これは売れるわ」と独り言をつぶやいた記憶がある。実際、この楽曲でLiSAはMUSIC STATIONに出演を決めている。

当時を振り返って、このころからLiSAの顔つきが変わったように感じる。「キミが信じてるボクを裏切るわけにいかない」「ボクはキミとまだ見たい未来があるんだよ」といったフレーズからも、LiSAではあるけれど、ファンと一緒に次のステージに向かいたいという想いが詰まっているのではないかと感じた。

10 . say my nameの片想い

2枚目のアルバム「LANDSPACE」に収録されている楽曲。ライブでファンと一緒に踊る振り付けがあることから、ファンの間ではライブ定番曲として認知されている。厳選10曲を選ぶにあたり、「say my nameの片思い」を入れるかを真剣に悩んだが、この楽曲は私が初めて手渡し会に参加した時に聞いた思い入れのある曲なので、10選に加えた。ww

ポップなパーティソングに仕上がっているこの曲は、LiSAの可愛い一面が垣間見れる。実際に、LiSAがインタビューで『パーティの最中、女の子が見せたかわいい仕草に男の子が落ちる瞬間を歌ったのが「say my nameの片想い」なんですよ。』と言っている。ライブに行かれる予定がある方は、必ずこの楽曲と、振り付けは完コピしてから行くことをお勧めする。

【番外編】Crow song

LiSA​ -​ Crow​ song​

アニメ「Angel Beats!」の劇中に登場するバンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカルとしてLiSAが歌い上げたCrow songは最高にエモい。

【番外編】夜咄ディセイブ

じん ft. LiSA & メイリア / 夜咄ディセイブ 【Anime Music Video】

カゲロウプロジェクトのライブ企画「メカクシティライブ」において、LiSAが担当した楽曲。めちゃんこ良いよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました