80歳の祖父すら知っている『鬼滅の刃』!爆発的な人気が止まらない、その魅力と概要を徹底紹介!

エンタメ

『鬼滅の刃』ってそもそも、どんな漫画?

週刊少年ジャンプで、2016年2月から2020年5月まで連載されていた少年マンガ『鬼滅の刃』(きめつのやいば)。

ファンに惜しまれながら有終の美を飾った本作は、連載終了後もその人気は止まるところを知りません。正直、連載開始当時は、ここまでの人気にになるとは予想しておりませんでした。『鬼滅の刃』連載開始当時は、NARUTO(作者:岸本斉史)の続編にあたるBORUTO(作画:池本幹雄)が連載開始したり、約束のネバーランド(作画:出水ぽすか 原作:白井カイウ)が連載開始したりと、話題に事欠かない時期でした。

そんな話題作が多数連載されていた時期ですが、『鬼滅の刃』はジャンプ紙内では、常に上位人気を誇っていたので、アニメ化は特に違和感のないメディアミックスでした。美麗な演出と作画に定評があり、大ヒット作を多数制作した実績のあるアニメ制作会社ufotableと発表されたときも、「ジャンプの人気作品だから、良い制作会社がつくのは妥当」くらいの評価。もちろん、当時から漫画を読んでいたファンたちは期待で胸を膨らませてはいましたが、そこまで話題にはなっていませんでした。

『鬼滅の刃』の大ヒットはアニメ化が引き金に!

制作会社、主題歌アーティスト、声優に恵まれた同作は、深夜アニメという枠では大ヒット間違いなし。という事前評判はありました。その評判に狂わず、恐ろしい程の大ヒットを見せました。

出典:https://www.oricon.co.jp/news/2149737/full/

その恐るべきヒットのスタートダッシュは「オリコン年間コミックランキング 2019」の結果から垣間見えていました。『鬼滅の刃』が「コミック作品別」売上ランキングでシリーズ初の第1位を獲得!一般的にあまり知られてはいませんが、コミック年間売上で11年連続首位を守っていた『ONE PIECE』(作者:尾田栄一郎)を抜いたということもあり、コミック業界に衝撃が走りました。

そして日に日にファンを増やし、2020年10月時点で累計発行部数はなんと1億部を突破!2020年10月16日から公開された、劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』は日本映画史上最速の10日間で興行収入100億円を達成するほどの人気ぶり。

「君の名は」が大ヒットした際に見られた”ヒットの感染現象”が『鬼滅の刃』でも広がっているのではないかと、戦慄するほどです。職場の同僚が、80歳の祖父に「鬼滅の刃は面白いのか?見に行きたい」と言われたらしく、世代や属性を超えて感染し続けている実態がありそうです。

『鬼滅の刃』の人気の秘密は、王道だけども、異色のストーリー!?

『鬼滅の刃』あらすじ

舞台は大正時代の日本。主人公の竈門 炭治郎(かまど たんじろう)は、亡き父親の代わりに家族の大黒柱となり、炭を売りながら生計を立てて暮らしていた。ある日、炭治郎は町まで炭を売りに行って家に戻ると、家族は無残にも「鬼」に惨殺されていた。そして唯一生き残っていた妹の禰󠄀豆子(ねずこ)は、鬼に変容を遂げてしまっていた。炭治郎は、禰󠄀豆子を人間に戻すため、また家族を殺した鬼に復讐するため鬼狩りへの道へと進むダーク・ファンタジー。

『鬼滅の刃』は、吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さんによる少年漫画で、「週刊少年ジャンプ」にて2020年5月まで連載されていました。序盤から家族が惨殺されてしまうという驚愕の展開で、今までのジャンプらしい作風ではないなと、わくわくしたあるいは、戦慄を覚えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。『約束のネバーランド』や『チェーンソーマン』、『呪術廻戦』などの作品も、いままでのジャンプらしい作風ではないことがうかがえるので、ジャンプ編集部が戦略的に作風を変えてきたと感じた時期でもあります。

『鬼滅の刃』は「ジャンプらしからぬ作品」とよく耳にします。ジャンプの三大原則といえば「友情・努力・勝利」。『鬼滅の刃』はその3つを兼ね備えているのですが、どこかジャンプらしさに欠ける印象がありました。

それは、「死」というテーマを直視し、ご都合主義の展開ではなく、ストーリーの中で避けることのできない「死」を、しっかりと描いている点にあると思います。いままでのジャンプ作品では、「死」というものをある種のフィクション的に描いていました。ドラゴンボールなんて、なんども死んでは生き返りますよねww

『鬼滅の刃』では重要なキャラ、人気のあるキャラでも生き返ることなく、ちゃんと亡くなります。妥当性のある死であるからこそ、ファンは悲しむ間もなく、物語の結末に向かって読み進めてしまうのではないでしょうか。そして、この世界観にいつの間にか虜になってしまっている。

『鬼滅の刃』の人気を支える、魅力あふれるキャラクターたち

『鬼滅の刃』には、たくさんの魅力的なキャラクターが登場します。それぞれが強い個性を持っているため、読み始めれば誰が主要キャラクターなのかは一目瞭然です。今回は、おおよそのストーリーをつかむために、『鬼滅の刃』序盤に登場するキャラクター数名をご紹介します。少しネタバレるかもしれないので、「まずい!」と思ったら飛ばしてくださいね!

[主人公]竈門 炭治郎(かまど たんじろう)

本作の主人公。家族思いで優しい心を持つ少年。代々炭売りをしていた竈門家の長男として生まれ、家族を誰よりも大切にして決して楽とは言えないが楽しい生活を送っていた。

ある日、村で炭を売っているときに家族を殺され、妹の禰豆子は鬼にされてしまった。鬼になった禰豆子を人間に戻すこと、家族を殺して妹を鬼にした鬼、鬼舞辻無惨を倒すため、鬼殺隊へと入隊する。

昔から並外れた嗅覚を持っており、人や動物の感情、者の気配も匂いで感じ取ることができる。耳には花札のような耳飾りをしており、それは竈門家に代々伝わるもので…(割愛)

頭突を得意としていて、とても頭が固い。困ったときは頭突きで対応する。水の呼吸の使い手ではあるが、竈門家に伝わる…(割愛)

[ヒロイン]竈門 禰豆子(かまど ねずこ)

炭治郎の妹。ある日、炭治郎が村に炭を売りに行っている時、鬼舞辻無惨によって家族を惨殺され、自らは傷口に無惨の血が入ったことで鬼になってしまった。

家族思いで自分の着物を買うよりも下の子達にご飯をたくさん食べさせてほしいという優しい子であった。鬼になってからは人間を食べたことがなく、眠ることで体力を回復している。

炭治郎の師匠である鱗滝左近次に『人間は守るべきもの』という暗示をかけられているが、暗示だけではなく自らの意思で人間を守ろうとする場面もある。

鬼になってからは、体の大きさを自在に変えること、鋭利な爪と強靭な脚力を持つこと、凄まじい速度の再生能力を持つことから、鬼としての能力は高いと思われる。また、炭治郎を守るため、鬼ならではの能力を開花させて、守られるだけではなく戦うための力も手に入れていく。

[仲間]我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)

炭治郎と同期の鬼殺隊士。基本的には気弱で、自分に自信が持てず、すぐに弱音を吐いて逃げようとするが、やる時はやる性格。

元々は黒髪であったが、修行中に雷に打たれたことで髪が黄色に変色してしまった。師匠の慈悟郎を「じいちゃん」と呼び、入隊後も文通をするなど、おじいちゃん子な一面がある。

昔から鋭い聴覚を持っており、その人から発する音を聞いて感情を読み取ることができる。人と鬼の音の違いもわかるため、炭治郎と初めて出会ったときに鬼(禰豆子)を連れていることはすぐにわかっていた。

“雷の呼吸”の使い手だが、壱ノ型『霹靂一閃』しか使えないうえ、さらに寝ているときしか発動できないという特殊な呼吸の使い手だが、一つのことを極み抜いた『霹靂一閃』は、上弦の鬼にも匹敵するほどの速さを誇る。

[仲間]嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)

炭治郎と同期の鬼殺隊士。猪の皮を頭に被っている野性的な少年。筋肉質な身体と対照的に、素顔は女性のような美形。

幼い時、山で親に捨てられ、猪に育てられた過去を持つ。それまでは山で暮らし、動物たちと力比べをして過ごしていたが、鬼殺隊員と力比べをした際に鬼殺隊や最終選別のことを聞き出し、育手を介さずに自力で選別を突破した。

“獣の呼吸”という我流で生み出した呼吸の使い手で、攻撃の型は「牙」と呼び名を変えている。刀は二刀流で、ひどく刃こぼれした刀身が特徴。刀を打ち直してもらったときは、石を使ってわざと刃こぼれをさせ、温厚である刀鍛冶・鉄穴森鋼蔵を激怒させた。

炭治郎と善逸に初めて会ったときは、人の言うことを聞かず、自分勝手を行動が多かったが、炭治郎たちと行動を共にしていくうちに、仲間意識が芽生えているようで、連携を取れるようになっている。

藤の花の家紋で療養した時、炭治郎に褒められたことで頭が「ほわほわ」する現象が起き、人間らしい感情も出てくるようになった。

[水柱]冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)

鬼殺隊の主軸である”柱”のひとり。”水の呼吸”の使い手で、師匠は鱗滝左近次。炭治郎の兄弟子にあたる。

炭治郎が鬼殺隊に入るきっかけを作った人物でもあり、鬼となった禰豆子が炭治郎を襲っているところに遭遇し、他の鬼と同様に禰豆子を殺そうとするが、炭治郎に阻まれ、倒れた炭治郎を禰豆子が庇うところを見て、二人を鱗滝左近次の元へと向かわした。

冷静な眼差しで戦況を見定め、堅実に任務を遂行していく寡黙な剣士だが、「生殺与奪の権を他人に握らせるな」と絶望している炭治郎を叱咤したり、那田蜘蛛山では胡蝶しのぶから炭治郎と禰豆子を守るなど、人間味あふれる部分もある。

かつて、同い年で仲の良かった錆兎と共に最終選別を受けたが、鬼のほとんどを倒した錆兎だけが死に、錆兎に助けられた自分が選別に受かったことを今でも受け入れられずにいる。

そのため、自らのことを水柱とは認めておらず、他の柱たちと対等に肩を並べる資格がないと思っていた。しかし、炭治郎の「錆兎から託されたものを繋いでいかないんですか?」という言葉に衝撃を受け、考えを改めるようになった。

言葉数が少ないため、他の柱や隊士と仲良くできていないことを本人も認めているが、嫌われてはいないと思っている。

[炎柱]煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)

鬼殺隊の主軸である”柱”のひとり。”炎の呼吸”の使い手で、煉獄家は代々”炎の呼吸”を継承してきている。

幼い頃は、元・炎柱にして実父・煉獄槇寿郎から指導を受けていたが、突如、父が剣士を辞めらて指導を受けられなくなってからは、三冊の指南書を熟読し、自力で”炎の呼吸”を極めて炎柱となった。

普段から明るい性格で面倒見も良いため、周囲の人からも慕われている。亡き母の「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務である」という教えに従い、人々を守ることを重視している。

[鬼殺隊トップ]産屋敷 耀哉(うぶやしき かがや)

鬼殺隊第97代当主。隊員からは「お館様」と呼ばれ、特に柱の面々からは強く慕われている。鬼殺隊の隊士を「私の子どもたち」と呼び、隊士の名前はもちろん、生い立ちや遺書までを把握し、死んだ隊士のお墓参りは絶対に欠かさないという慈悲深い人物。

代々、産屋敷の子は呪いのため長くは生きられないとされており、耀哉も病に侵され、顔の上部から皮膚が変質し両目を失明している。

[鬼の大将]鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)

最初の鬼であり、禰豆子を鬼に変えた張本人。自身の血を与えることで人間を鬼に変えられる唯一の存在。長身の男性の姿や、着物の女性の姿、子供の姿など、姿を巧妙に変えることで鬼殺隊の追手からも逃れてきた。

千年以上前に病弱な子として産まれ、長くは生きられないとされていたが、とある医者の治療薬から日光を浴びることのできない鬼になってしまった。日光を克服するため、様々なタイプの人間を鬼にし、その中でも選りすぐりの鬼12人を『十二鬼月』としている。

『鬼滅の刃』の世界観を作り上げているキーワードをご紹介

本作を楽しむうえで欠かすことのできない5つのキーワード「鬼殺隊」「柱」「呼吸法」「鬼」「十二鬼月」について確認していきましょう!

キーワード① そもそも「鬼殺隊」って?

「鬼殺隊(きさつたい)」(通称:鬼狩り)とは、鬼の撲滅を目的として作られた政府非公認の組織。表立って活動することは少なく、謎に包まれています。鬼殺隊への入隊が認められる条件は、“鬼たちが囚われている藤襲山で7日間生き残る”という過酷な試験に合格すること。

キーワード② 「柱」ってなんだ?

当主は「お館様」と呼ばれ慕われており、幹部として圧倒的な力を持つ9人の個性的な<柱>がいます。<柱>未満の隊員はすぐに鬼に殺されてしまうため、<柱>が鬼殺隊を支えていると言っても過言ではありません。

キーワード③ 「呼吸法」ってどんなもの?

「呼吸法」とは、鬼殺隊員が鬼を倒すために身に着ける術のこと。血液に酸素を取り込み、爆発的に身体能力を上げることで鬼の頸を落とすことができます。この「全集中の呼吸」をずっと継続するには、かなりの鍛錬が必要になるようです。この呼吸法の始まりは「○○の呼吸法」で、そこから水・雷・炎・岩・風などさまざまな流派に分かれていきました…

キーワード④ 「鬼」という存在について

「鬼」は、単純に言うと人を喰らうことで生きる存在。もともとは人間でしたが、鬼舞辻無惨の血が体内に入り込むことによって鬼へと変化します。鬼になると、人間だった頃の記憶が曖昧になり「人を喰いたい」という本能を抑えられなくなってしまいます。飢餓状態になると家族を食い殺してしまうことも…。異常に再生能力が高く、身体の一部が切り落とされてもすぐに元通りに。直射日光を浴びたり、鬼滅隊員の持つ特殊な刀「日輪刀」で頸を落とされると絶命します。

キーワード⑤ 十二鬼月とは?

鬼舞辻無惨が選別した直属の配下で、“最強”の十二体の鬼。いわゆる幹部。

鬼の素養にも優劣があり、優れた者はより多くの人間を喰らう事ができる。鬼は身体の維持のために最低限の人喰いが必要だが、素養の無いものは短期間に一定量以上の人数を喰らおうとしても身体が受け付けられない。これらの鬼は人喰いにより力を増すだけでなく、無惨から更なる血を授けられることにより加速度的に力を増す。中でも十二鬼月は数百人の単位で人を喰らう素養があり、その力は通常の鬼殺隊士では相手にならないほどの力の差がある。

十二鬼月は12人?の鬼によって構成される。“上弦”の六鬼と“下弦”の六鬼に分かれており、最強たる主席は“上弦の壱”、最弱である末席は“下弦の陸”となる。十二鬼月に選別された鬼はその目に証となる席位を刻まれるが、上弦が両目に刻まれる(例:右目に“上弦”・左目に“参”)のに対して下弦は片目のみに刻まれ(例:左目に“下伍”)、はっきりと差別化される。

まだ遅くない!このビッグウェーブに乗っかりましょう!

amazon

11月3日現在、Amazon Kindleの売上トップ10は鬼滅の刃に独占されています…
漫画⇒アニメ⇒映画⇒漫画と、その人気は止まることがない!まだまだ間に合います!私もまだ映画見てません!早く見に行きたい…

ざっと概要を紹介させていただきましたが、やっぱり一番はご自身で漫画やアニメを視聴されることだと思います。アニメはNetflixやAmazon Primeで視聴ができます。無料期間もありますので、ぜひこの期間に入会されてはいかがでしょうか。映画を見て来た友人曰く、「内容を知らなくても泣けた」らしいので、映画がスタートでもいいかもしれません!以上、流行りに乗って鬼滅の刃をご紹介させていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました