いまが熱い漫画「東京卍リベンジャーズ」を語りたい

エンタメ

東京卍リベンジャーズ = 現代版タイムリープヤンキー漫画

この作品はヤンキー漫画です。喧嘩や勢力争いがメインの昔ながらのヤンキー漫画ではなく、友情や恋愛にもフォーカスされている現代版のヤンキー漫画という印象。加えて、作品の根幹を作る設定として、タイムリープがあります。主人公である花垣武道は、失ってしまった大切な女性を救いたいがために、12年前の中学校時代にタイムスリップします。不良グループに入り、未来を変えるために何度もなんども、現在と過去を行き来し奮闘する姿は、男性はもちろん、女性でもきっと惹かれるでしょう。 また、ヤンキー漫画では珍しく、主人公は喧嘩が弱いです。そんな主人公が勇敢な行動で、周りの友達や仲間を巻き込んでいく点も見どころです。 「時をかける少女」もしくは「STEINS;GATE」「僕だけがいない街」などタイムリープ作品が好きな方は必見です。ちょっとニッチなところだと、「死ぬほど君の処女が欲しい」という作品と設定はまったく一緒!ただ、全然テーマが違うので設定に惹かれた人は、ぜひ読んでみてほしいです。

作者・和久井健 先生

東京卍リベンジャーズは、あの「新宿スワン」を描かれている和久井先生が描いている作品です。歌舞伎町を舞台に、スカウト会社のメンバーを主体として、風俗、薬、ヤクザなどダークなテーマを泣けるストーリーで描いている作品です。青年誌と少年誌で、描ける部分に違いがあったり、ダークなテーマが描きづらいということもありますが、「新宿スワン」と同様に感動を誘うストーリーが描かれています。和久井先生すごすぎる。よければ、「新宿スワン」もご一読を。実写映画も面白い!

あらすじ

花垣タケミチは、中学時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタが、悪党連合“東京卍會(通称:トーマン)”に殺されたことをニュースで知る。壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では6歳年下の店長からバカ扱い。極めつけはドーテー……。そんなどん底人生まっただ中のある日、12年前の中学時代にタイムリープする!! とはいえ、どん底人生を送っていたタケミチが記憶をそのままに学生に戻っても、特に成長をしているわけではない…そんなタケミチが想いの強さと魅力あふれる仲間たちと一緒に未来を変えていく。
そして、ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、ダメフリーター・タケミチが、関東最凶不良軍団の頂点を目指す!!

3つの魅力を語る

タイムリープ×ヤンキー

東京卍リベンジャーズの魅力は、なんといってもタイムリープ×ヤンキーという点です。タケミチは一度過去に戻ると、何か大きなイベントを終えてから現在に戻ります。そして、変えた未来を確認してから次なる課題を見つけ、とある方法で過去に戻るということを繰り返します。

未来の世界を知っている主人公のタケミチは、ただ一人の彼女だったヒナタの死の原因となる人物や事件を喧嘩が弱いけど、想いの強さを武器に全力でぶつかっていきます。好きな女の子を守りたい一心で、何度もなんども過去と現在を行き来し、暴力や権力に怯まず、立ち向かっていく姿は、読んでいてとても惹かれるものがあります。 敵、味方関わらず、キャラクターたちもそんなタケミチにどんどん惹かれていきます。

異世界転生だとチート系主人公が登場するのがデフォルトになりつつありますが、タイムリープだと平凡な主人公が創意工夫を凝らして、問題を解決していくのが多いと思います。東京卍リベンジャーズは、例にもれず、未来では童貞ニートであった青年・タケミチが中学生時代の過去に戻ることで、どんどん成長していく様も見どころの一つです。

デザイン性あふれる現代版ヤンキーファッション

ヤンキー漫画といえば、ファッションアイテムは昭和であることが多いです。リーゼント、パンチパーマ、長ラン短ランなど古臭い服装や髪型イメージ。時代を超えて大ヒットした「今日から俺は」も、リーゼントや長ラン短ランというのがファッションテーマになっていましたよね。

東京卍リベンジャーズのキャラクターたちは髪型や服装が現代的です。 髪型はツーブロックや金髪ロング、ファッションはメガネにピアス。中でも最初驚いたのは、ドラケンというキャラクターは側頭部に入れ墨が入っていて、気合入りすぎだろ…と。

かつては、ヤンキー=リーゼントといった、それさえあればヤンキーであるという特徴がありました。この作品でのヤンキーとは、おそらく喧嘩やチームといった部分が象徴されているのかなと思います。なので、かつてのイメージであった”リーゼント”のような特徴は使わずに、より現代の個性あふれるキャラクターごとに和久井先生が描くデザイン性あふれるヤンキー像が生まれたのかなと感じます。

魅力あふれる登場人物

登場するキャラクター全員が、めちゃくちゃカッコいいんです。キャラデザも、個性も際立っていて、推しを選ぶのが難しいくらいに。キャラクターたちの育った環境や想いなどの背景もしっかりと描かれていて、キャラクターたちへの感情移入はとめどないです!

主人公のタケミチをはじめ、主要キャラクター5名をご紹介させていただきます!キャラクター数は非常に豊富なので、気になった方はすぐに1巻を手に取ってみてください!

主人公:花垣武道(タケミっち)

本作の主人公。ビデオレンタル店でアルバイトする、26歳のフリーター。 アパートに住み、バイト先ではバカ扱いされる冴えない童貞。中学時代は不良だったが、東京卍會に所属するキヨマサに半殺しにされたのち、奴隷のような地獄のような日々を送る。 その後、地元を逃げ出し一人暮らしをしながら働き始めるが、何をやっても上手くいかない人生を送っていた。 そんな中、とある事がきっかけでタイムリープ能力に目覚める。ニュースでヒロインである橘日向の死を知ったタケミチは、過去を変えようと奮闘する。

ヒロイン:橘日向(ヒナ)

本作のヒロイン。タケミチの中学時代の彼女。 明るく愛嬌があり、不良相手にも立ち向かうの度胸もある女の子。中学校時代はいつもタケミチをリードしていた。2017年7月1日、東京卍會の抗争に巻き込まれ、26歳の若さで死んでしまう。

キーキャラ:橘ナオト(刑事であり橘日向の弟)

ヒナタの弟、25歳。物語のキーパーソンの一人。 ヒナタと共に東京卍會の抗争で死ぬ運命であったが、タイムリープしてきたタケミチによって救われ、自分と姉の運命を知る。以来、ヒナタを救うため、組織犯罪課の刑事になり、またタケミチと一緒に、タイムリープの能力を使って過去を変えようと奮闘する。タイムリープのトリガーとなる人物で、タケミチと握手することでタケミチはタイムリープし過去に戻ることができる。

【東京卍會】総長:佐野万次郎(マイキー)

東京卍會総長。15歳。「無敵のマイキー」を異名に持ち、金髪長髪の美少年。小柄な体格だが、喧嘩は最強。友達思いで、仲間を守るために東京卍會をドラケンなどと共に創設する。 タケミチの根性を気に入り、友だちになる。

【東京卍會】副総長:龍宮寺堅(ドラケン)

東京卍會副総長。15歳。通称「ドラケン」。 刈り上げたツーブロックで、金の長髪を纏めている。左側のこめかみに施している龍の刺青がトレードマークな長身の少年。 冷静な人物であり他人を想える心の持ち主。 総長のマイキーと常に行動し、良き相棒であり、暴走するマイキーのストッパー的役割を果たす。

実写映画化も決まっていて、今後の展開に目が離せない

アニメ化より先に、実写映画が公開されるとは…
そして、キャストが豪華すぎる…

平成のクローズ、令和のリベンジャーズと言われるくらいに、大ヒットすること間違いないでしょう!公開前から続編が出ることが決まっているんじゃないかと思うくらいに、キャストが若手イケメン俳優で固められています。めちゃくちゃ楽しみです。

東京卍リベンジャーズ、この記事を読んで気になってもらえるととても嬉しいです。
原作の展開も最高に熱く、メディアミックスもどんどん進められていく本作品は、今後の展開が非常に待ち遠しいです!

※ちなみに、私はマガジン本誌購入派なので、じつは単行本は買っていません…あしからず…

コメント

タイトルとURLをコピーしました